2018年12月31日

今年最後のメールレター


*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚

LUSiKKA便り vol.18 / 2018.12.31

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚


2018年もあと少しで終わりですね。
あっという間に一年が駆け抜けていきました。
平成最後の年ということで、
メディアでは盛り上がっているみたいですが、
皆さんにとってはどのような一年だったでしょうか。

2019年も創作活動を地道に続けていこうと思います。
(現段階で6月に初めて神戸でグループ展に参加する予定がひとつあります)

引き続きメールレターもマイペースではありますが、
発信していこうと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

今回は新年のご挨拶を兼ねて、
気になる展示とお気に入りの絵本をご紹介いたします。



_|*+*+*+*|_  気になる展覧会  _|*+*+*+*|_


「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」
天花人魚鳥獣虫…挿絵の手品師による奇妙奇天烈世界!

http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1811/index.html

風刺画家グランヴィルは以前から気になっていました。
20世紀のシュルレアリスム絵画の先駆者とまで評されているということなので、かなり気になっています。

会場:兵庫県立美術館 県美プレミアム
期間:2018年11月17日(土)〜 2019年3月3日(日)
[休館日:12/31-1/10・1/15・2/12]
時間:10:00-18:00(金・土は〜20:00)
観覧料:500円


「間合いの良さ ―コレクション考察―」
http://www.enokojima-art.jp/maai/

作品と作品、作品と鑑賞者、などなど…あらゆるものに生じる“間合い”を基点に選ばれた作品が展示されるという。
自分はその間合いをどう捉え、感じるのか…。ちょっと試してみたい気持ちになります。

会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター1F room4
期間:2019年1月11日(金)〜 2019年1月27日(日)[休館日:月曜]
時間:11:00-19:00
観覧料:無料


_|*+*+*+*|_  お気に入りの絵本  _|*+*+*+*|_


「きこえるきこえる ふゆのおと」/作 マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵 チャールズ・G・ショー/小峰書店

谷町六丁目にある“キンダーブック林林”さんで見かけて手に入れました。
赤・黄・緑・青・黒のはっきりした4色のみで構成されていて、
ページをめくる度に趣向を凝らしたイラストがお洒落。
主人公の子犬のマフィンは他とタッチが違い、描き方の対比が楽しめます。
デザイン性の高い絵本だなと思います。この季節にオススメの一冊です。


Vol.18、読んでいただきありがとうございました。
寒い日が続きますがどうぞご自愛なさってください。
皆さま、2019年も健やかな一年でありますように。


2019年賀状-携帯用.jpg
posted by lusikka at 19:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

― コラージュ作家 山本佳世の Mail Letter vol.17 ―


*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚

LUSiKKA便り vol.17 / 2018.12.10

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚


12月も1週間を過ぎてようやく冬らしい気候になってまいりましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先日NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」という番組で横尾忠則氏が、
次のようなことを言ってました。

「一番欲しかったものが手に入らないことはものすごく重要だと思うんですよ。そういうテーマを持っている人って大事ですよ。
一番欲しいものを獲得してしまった人って、そんなに魅力的な人生ではないと思うんですよ」

なるほど〜とチカラをもらった言葉でした。

さて、遅くなってしまいましたが、既に始まっている展示を含めお知らせがあります。いつも通りちょっと長くなりますが、しばしおつきあいください。


♣…♥…♦…♠… 来年のカレンダー、もう準備されましたか ♣…♥…♦…♠…


今年もカレンダーを作りました。
2019年のカレンダーは月をテーマにコラージュした作品になります。
日にちの数字に月の満ち欠けを記していますので、毎日の暮らしのなかで少しでも月を意識していただけたら幸いです。

2019年版コラージュカレンダー/900円(税込) 
サイズ:横118mm×縦270mm 6枚(2ヶ月毎)

詳しくは→http://lusikka-design.com/shop.htm まで。

L-calendar2019.jpg


♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠… グループ展のお知らせ ♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…


素・ダンボール Vol.2展

ダンボールを素材としたグループ展に参加しています。
私はチェスの駒をコラージュした作品を出展。
顔が鳥だったりゾウだったり、犬だったりとシュールな駒に仕上げました。
そしてその駒のコラージュが12種類入ったブックレットも作りました。
ぜひ手に取って見ていただきたいです!
他の作家さんそれぞれの持ち味が生かされた、アイデア溢れる展示になっています。

会場:ギャラリーPaw 芦屋市精道2-15 0797-32-1791
  (阪神芦屋駅より東へ徒歩約5分・JR芦屋駅より南へ徒歩約8分)
会期:2018年12月7日(金)〜12月16日(日)[10日(月)休み]
時間:12:00-18:30(最終日は17:00まで)

L-knight_knight.jpg



♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠… 東京での展示販売 ♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…


ナチュラルヒストリエのクリスマス2018

アドベントカレンダー形式の棚のボックスを順番に開けていくクリスマスイベントに参加しています。
私のボックスは12月5日にオープンしました! 
中にはトランプやすごろく、カード、boxart、ミニブック、ブローチetc…
いろいろとご用意していますので、タカラ探しの気分でお越しいただけると嬉しいです。

会場:ナチュラルヒストリエ(三省堂書店池袋本店4F) 
   東京都豊島区南池袋1−28−1 西武池袋本店 
   03-6864-8900(JR・各私鉄・地下鉄池袋駅直結 )
会期:2018年12月1日(土)〜12月25日(火)
時間:10:00-22:00

L-nhistoria_s.jpg


♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠… Twitter始めました! ♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…


始めてみるとさまざまな情報がひしめき合っていて、コアな世界にのめりこみそうです。
作品展示のことや日々のことなど、たまにつぶやく程度ですが良かったらフォローお願いします。

https://twitter.com/LusikkaD


♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…



_|*+*+*+*|_  気になる展覧会  _|*+*+*+*|_

「吉田謙吉と12坪の家−劇的空間の秘密−」

家族3人が住む家を劇的な空間として建てたという吉田謙吉。この方のことを私は初めて知りました。
舞台美術家であったことを象徴するような一般的な間取りとは明らかに異なる家を建てたらしいのですが、それはいったいどんな家なのか。
人を楽しませることが好きだというこの方の人生を家を通して垣間みることができたら面白そうだなと思いました。
ご長女の講演会があり、興味深いので申し込んでみました。どのようなお話がうかがえるのか楽しみです。

会場:LIXILギャラリー(大阪)大阪市北区大深町4-20
   グランフロント大阪南館タワーA12F
期間:2018年12月7日(金)−2019年2月19日(火)
   [休館日:水曜日・12/29-1/4・2/17]
時間:10:00-17:00

会場:LIXILギャラリー(東京)東京都中央区京橋3-6-18
   東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
期間:2018年3月7日(木)−2019年5月25日(土)
   [休館日:水曜日]
時間:10:00-18:00
観覧料:いずれも無料


_|*+*+*+*|_  お気に入りの本  _|*+*+*+*|_


「イヌイットの壁かけ」/岩崎昌子/暮しの手帖社

カナダの北方やアラスカなどの極北の地で暮らす先住民族、イヌイット。
その女性たちが家族のためにパーカ(防寒着)を作った後に残る端切れで縫った壁掛けのコレクションを119点収蔵。
ひと針ひと針丹念に色糸でアップリケされたモチーフはどれも素朴で、
暮らしに根付いたシーンが表現されています。
極寒地の長い冬だからこその温かみを感じさせる色合いがステキなんです。
それにデフォルメされた人や動物の表情もとても豊かでユニーク!
寒い日に開いて見ては、あったかい気持ちになる大切な一冊です。
現在、愛蔵版も出版されているようですよ。


Vol.17、読んでいただきありがとうございました。
本格的な寒さはこれからです。
何かと忙しい時季ではありますが、どうぞご自愛なさってください。
ではまた次回まで。



posted by lusikka at 00:45| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

Twitter、その後。

Twitterを始めてちょうど1週間になります。
この1週間はわりと見たし、自分自身もツイートしたりリツイートなるものもしてみたり。何人かの知り合いともフォローしあったり…。
やり始めではなかなか慣れなくて、ちょっとこわごわ使っていましたが、最近は少し慣れてきたかも。
スマホの小さな画面の中で日々繰り広げられている世界が何だか独特に感じられました。コアな世界が存在しているんだなぁと思いました。
Facebookやインスタグラムとはまた違った世界観に驚かされます。何というか、個人の思いが熱いというか…。ここで自分の率直な思いを吐露している人もいて、自分の内と外という概念が取っ払われているような…。これは一種の開放感に近いのだろうか…。
自身の強い趣味趣向があらわになっていて、コアな世界が繰り広げられているように私には感じられるのです。この中で繰り広げられる人々のやり取りで成り立っている売り買いもあるんだろうな。コアなファンたちが自分の好きな作家や世界を熱く語っているのを読むと、底なし沼のような不思議な感覚に陥ります。

Twitterってこういう世界だったんだーとやってみて始めて感じました。果たして自分はその世界にどっぷりと浸かれるのか、それとも傍観しているだけで終わるのか…。それは私次第。

Twitterでしか知り得なかった情報もあり、これからも目が離せなさそうな予感がしています。自身もコアな世界観を自分で構築してみたいという気持ちもあるので、しばらくは続けてみようと思います。




posted by lusikka at 23:57| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする