2019年02月22日

ほんとにスローモーションだった。

昨日夕方いつもの通り散歩に出掛けたら、久しぶりにノラネコのい子ちゃんと遭遇。

植え込みにちょこんと座っているのを見て近寄って行って撫でるも、いつものごとくするりと私の手を離れていきました。一応お愛想でニャーとひと声あったのでまぁいいかという感じ。

ちょっとスマホで動画でも撮ってみよかと思い、い子ちゃんの後を追いました。でもしつこくついてくるのがいやだったのか、塀の上にひょいっと乗ったと思ったら家と家の間の細いすき間の中へ消えていきました。

やっぱり煙に巻かれてしまったな〜。今夜眠る場所へでも移動していったのでしょうか。きっと寒さを凌げる良いところがあるんだろうなと楽観的な気持ちで私はそのあとも散歩を続けました。せっかく動画を撮ったからFacebookにでもアップしてみようと、いつもは立ち寄らない団地の自転車置き場でしばしスマホの操作をしていました。アップし終わったのでさぁ、また歩こうと一歩、二歩進んだそのすぐあとのことです。

目の前の光景がスローモーションで下へ動いてる! 

次の瞬間にはコンクリートの地面に叩き付けられていました。 何が起こったのかしばし呆然としてしまったんですが、足の痛みで自分が転倒したことを把握しました。

ごく低いポールが足元にあって(駐車場の仕切り)、それにまったく気づかず足を引っ掛けてしまったようです。なんてこと!!
左手に持っていたスマホを見るとひび割れているじゃないですか!? 痛いわ、スマホにヒビが入るわと二重のショックで泣きそうに…😰

家に帰って両足を見ると、左のお皿の辺りをかなり打ち付けたみたいで痣と血が出ていました。右足は擦り傷が縦に走ってました。

スマホは下の部分が蜘蛛の巣が張ったようなヒビ割れで液晶の画面にも斜めに一本のヒビが入ってました。昨年買ったばかりなのになぁ。何だかなぁ…。

不可抗力を引き起こした原因は不注意だった自分にあるから誰を責めることもできないので、まったくもって情けないのひとことです。でもあの抗うことのできない一瞬は私にとっては希有な体験でもありました。
あの一瞬はほんとにスローモーション映像だったんですよね。
足とスマホの傷は大きな代償でしたが…。

教訓 “外でスマホに夢中になるとキケン!” 肝に命じます。



ちなみに昨日のい子ちゃんの動画はコチラ
       ↓
https://www.facebook.com/kayo.yamamoto.9028/videos/1965600430219525/

写真はコチラ↓
い子ちゃん.jpg




posted by lusikka at 01:54| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

今日は成人の日

先週七草粥の日から早くも1週間が経ちました。

あれから胃腸の調子は元に戻り、今は普通に食事もできています。
新しい習慣として、毎朝起き掛けに白湯を飲んだり、夜、漢方薬を一錠飲んでから寝るようにしています。それでもやはり便秘気味なんですよね。今までは定期的には一応排便はあるので、あまり気にしていなかったことがよくなかったんだなぁと今更ながら気づく。

1月は数年前から毎年恒例になっているサングラスのカタログ制作の助っ人仕事があり、ここ数日は椅子に座りっぱなしの日が続いています。それもよくないので毎日30分は近所を散歩してなるべく身体を動かすようにしています。〆切が明日なのでとにかく頑張らないといけないんですが、ちょっとだけ休憩…。

今日は成人の日なんですよね。もうン十年前のことなので、今とは状況もかなり違うとは思いますが、晴れ着姿の女の子の姿をテレビで見たりするとそういうのはあまり変わってないんだなと。

晴れ着といえば、私は従姉妹のお姉ちゃんの振り袖を借りました。黄色い花柄だったのを覚えています。
薄っぺらい身体のためか、着付けしてもらう時にタオルを結構巻かれた記憶が…。帯をぎゅっと締められた時の苦しさも覚えています。こんなキツイのにちゃんと歩いて式に出れるんかな〜と思ったような…。でもやはり着たかったんですよね。

写真館で撮ってもらえば?と母は言ってたように思うのですが、その時の私はそんなたいそうなことをせずとも友人皆で一緒にスナップ写真撮ればいいやん、と軽く考えてました。でも今となったら若い時期の自分としてちゃんとした一枚を残しておいてもよかったかもと思ったりもします。

成人式が始まる前か終わった後かの記憶が定かではないんですが、着崩れしてしまったことも覚えています。あんなにたくさんタオルを詰めて着たのに何で?!と悔しいやら情けないやら…、自分ではどうすることもできず、結局へとへとになって帰宅したんでしょうね。もう細かいことは全然思い出せませんが…。

そんなハプニングがあったけど振り袖を着せてもらって何かしら晴れやかな、自分も大人の仲間入りしたのかな、という神聖な気持ちになったことは覚えています。

今思うと二十歳なんてまだまだ子どもみたいなものですが、ひとつの区切りとしての成人式というセレモニーはやはり経験しておいてよかったな〜と。

皆で撮ったスナップ写真、どこかに仕舞ってあると思うけど、見なくても目をつぶるとちゃんと、二十歳の自分がそこにいました。



posted by lusikka at 18:27| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

新年早々やらかしました。

お正月気分も抜け、今日から仕事初めの方もいらっしゃると思います。今日は七草粥の日でもありますね。

『その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。』

私は既に5日の朝からずっと“お粥さん”のお世話になっております。

というのは、親戚の集まりや田舎に戻る友人の送別会などが重なり、つい食べ過ぎてしまってたんでしょうね、夜中に何度も吐いてしまいました。

実家に帰ってるのでなるべく母に知られないようにとすべて吐ききって眠ろうと思っていたのが甘かった! 途中から自分でも驚くほどの嗚咽が出て(ヴォォーーてな感じの)、母に気付かれてしまいました。

もう出すものがないはずなのに胸のムカつきは収まらず、仕舞いには黄色い胃液のようなものが出てくる始末。

苦しそうな私を見かねて、母が救急車を呼ぼうと言い出しました。いや、もうちょっと待って…と我慢したものの、もうマックス苦しくてあえなく「呼んで…」と訴えてしまいました。

てな訳で救急車で近くの市民病院に運ばれ、吐き気止めの点滴を打ってもらい、レントゲンも撮られた結果、かなりの便が映っている状態を見せられた次第です。原因は“便秘”だったのです。

その後、実家に戻るも、再びの吐き気。点滴打ったのに、何故?! 病院に電話すると、水やポカリスエットなどではなく、経口補水液で処方した吐き気止めの薬を飲んでくださいとのこと。飲む時はふたのキャップに一杯程度の少量でと言われました。飲んで何とか吐き気は止まったものの、夜に発熱してしまい、今度は熱さましのための薬を飲んだりとほんとに大変でした。

元々腸が弱く、二年に一度ぐらいは強烈お腹の痛みに耐えられず救急車のお世話にも何度かなっていたんですが、今年は痛みではなく、これまたキョーレツな吐き気で始まってしまいました。

なんとも情けない話ですが、母が側に居てくれたお陰で心強かったです。親孝行どころか、新年早々にえらい親不孝してしまいましたー😢

今回、経口補水液なる水を初めて飲んだんですが、渦中の時はそんなに味を感じなかったのが、今飲むとかなり濃いクエン酸の味を感じます。徐々に良くなっている証拠でしょうか。

2019年の課題のひとつに体質改善を掲げようと思いました!

皆さまもくれぐれも胃腸を労ってあげてくださいね。
posted by lusikka at 15:55| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする