2018年11月30日

Twitter、その後。

Twitterを始めてちょうど1週間になります。
この1週間はわりと見たし、自分自身もツイートしたりリツイートなるものもしてみたり。何人かの知り合いともフォローしあったり…。
やり始めではなかなか慣れなくて、ちょっとこわごわ使っていましたが、最近は少し慣れてきたかも。
スマホの小さな画面の中で日々繰り広げられている世界が何だか独特に感じられました。コアな世界が存在しているんだなぁと思いました。
Facebookやインスタグラムとはまた違った世界観に驚かされます。何というか、個人の思いが熱いというか…。ここで自分の率直な思いを吐露している人もいて、自分の内と外という概念が取っ払われているような…。これは一種の開放感に近いのだろうか…。
自身の強い趣味趣向があらわになっていて、コアな世界が繰り広げられているように私には感じられるのです。この中で繰り広げられる人々のやり取りで成り立っている売り買いもあるんだろうな。コアなファンたちが自分の好きな作家や世界を熱く語っているのを読むと、底なし沼のような不思議な感覚に陥ります。

Twitterってこういう世界だったんだーとやってみて始めて感じました。果たして自分はその世界にどっぷりと浸かれるのか、それとも傍観しているだけで終わるのか…。それは私次第。

Twitterでしか知り得なかった情報もあり、これからも目が離せなさそうな予感がしています。自身もコアな世界観を自分で構築してみたいという気持ちもあるので、しばらくは続けてみようと思います。




posted by lusikka at 23:57| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする