2019年04月30日

平成最後の日に。

平成ももうすぐ終わりですね。

昨日、「昭和の日」が誕生日でした。

私はバリバリ昭和の生まれですが、今年は平成が終わる一日前に誕生日だったこともあり、これから先も記憶に残りそうです。
せっかくなので記念に即興でコラージュ作りました。

タイトルは単純に「Goodbye Heisei! Hello Reiwa!」です。
令和が平和で過ごしやすい時代でありますように。という思いで作りました〜。

平成のおばさんが、向こうからやって来る令和のみんなにバイバイしてるって感じです。
ほんとうは令和の宇宙にもうちょっといろんなものをコラージュしたかったんですが、これから実家へ行くので時間がありませんでした。

Goodbye Heisei!.jpg

ゴールデンウィークは友人たちと“ふちがみとふなと”のライブへ行くのが唯一の楽しい予定で、あとは多分、父を訪ねて特養へ行くか、親戚のゆる〜い集まりがあるぐらいです。でも母と普通にご飯食べるのも最近では貴重だなぁと思ったりもしてます。

では皆さま良いゴールデンウィークを!








【関連する記事】
posted by lusikka at 19:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

久しぶりの東京 その2

東京行きのもうひとつの目的として「岡上淑子 沈黙の奇蹟」展がありました。

東京都庭園美術館はこれで確か三度目ぐらいでしょうか。
いつ行っても素敵なところです。

旧朝香宮邸ということで、『内部の改造は僅少で、アール・デコ様式を正確に留め、昭和初期の東京における文化受容の様相をうかがうことができる貴重な歴史的建造物として、国の重要文化財に指定されています。』とあります。

館内はいたるところにアール・デコ様式が施され、形状の美しいシャンデリアや回廊など、見てまわっているだけで優雅な気持ちになります。
そんな美術館に飾られた岡上淑子(おかのうえ としこ)さんのモノクロームのコラージュ作品が栄えない訳がない! 作品と場所との相性が素晴らしく一致した展覧会でした。この場所を企画した方の勝利ですよ、これは。

いろいろ資料を見ると、岡上淑子さんもまた、コーネル同様マックス・エルンストにかなりの影響を受けていることが分かります。瀧口修造に見出された彼女は、エルンストの作品を見せられ、文字通り“魅せられた”のでしょうね。

現代においては人間の体に動物の頭をすげ替えたようなコラージュは珍しくないけれど、戦後間もなくの日本でそれを実行した岡上さんは、やはり日本国内においてコラージュの第一人者といえるんでしょうね。その才能をいち早く掘り起こした瀧口修造の目利きも凄いといえます。瀧口から絶賛された彼女はその後一定の時期に集中して素晴らしい作品の数々を残しています。

実際コラージュに使われた雑誌のページも展示されていました。元の写真を見ると、最初に目にした時の岡上さんのひらめきが手に取るように分かる気がします。たとえば、二人のウェディングドレスをまとった幸せそうな女性がカーテンの向こうに見える窓外の景色を、ガイコツが整然と並んだ奇異なものにしたらどんなにか面白いことでしょう!って感じでしょうか。

たくさんの作品を一堂に見ることで、岡上淑子さんの創作の泉のようなものに触れられた気がします。作り進めていくうちに最初は影響を受けたであろうエルンストから離れて、徐々に自分ならではの世界を表せるようになっていったのでは…。作品には気品があって女性ならではの視点が窺えます。

ただ、とても惜しいのが結婚と同時に公のアートの世界から姿を消されたこと。その後新たにコラージュ作品を創作されなかったことです。
結婚後に描いた絵画や写真なども展示されていて上手ではあるけれど、それらはやはりコラージュほどの輝きは放っていないように見えました。

かなり前に大阪のThe Third Gallery Ayaで初めて作品を見て、ご本人ともお会いできたことは今となってはとても貴重な機会でした。後に大きな展覧会が国内外でこんなに数々展開されるとは!? ギャラリーの方も凄いアーティストが埋もれている!と思って企画したんでしょうね。

何を話したのか記憶にないんだけど、もの静かでとても品のある女性だったことは覚えています。今もご存命ではあるけれど、これから先、新作が発表されることは多分もうないでしょう。戦後短い期間に彗星のように一時代を築かれた後、ひっそりとされていたのに近年この騒ぎ方はいったい何なんだろうという気もします。海外からじわじわと広まってきたんでしょうか。そもそもコラージュ自体、20年前の日本では「コサージュ?」と言われたぐらい認知度が低かったのに徐々に広く知られるようになってきました。まぁそれだから私もコラージュ作家です、なんて以前に比べ平気で名乗れるようになったんですけどね。

今回、たくさんの方が展覧会に来られているのを見て、このコラージュというシュルレアリスム的なアートの手法について、いったいどのように捉えているんだろう?と思いました。コラージュという手法が多くの人に知ってもらえる大きな機会を、日本人の作家として岡上淑子さんが作ってくださった功績は希有なことなんでしょうね、きっと。私はその足元にも及びませんが、一人のコラージュ作家として感謝しないとなぁと心から思います。

展示の最後に岡上さんの強いメッセージ性のある一文が記されています。
私はこのひとつひとつの言葉に胸をつかれました。これからも何度も反芻して心に留めておきたい一文になりました。

「コラージュ−他人の作品の拝借 鋏と少しばかりの糊
 
 芸術…芸術と申せば何と軽やかで何と厚かましい純粋さでしょう

 ただ私はコラージュが其の冷静な解放の影に、
 
 幾分の嘲笑をこめた歌としてではなく、

 この偶然の拘束のうえに、意志の象を拓くことを願うのです」



teien bijyutukan -03.jpg

teien bijyutukan -02.jpg

teien bijyutukan -01.jpg

teien bijyutukan -04.jpg

teien bijyutukan -05.jpg



posted by lusikka at 22:12| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの東京 その1

今週2日の夜から夜行バスで出発して、翌3日と4日の2日間、東京へ行ってました。

先日のメールレターにも記しましたが、コーネルと岡上淑子展をやはりどうしても見ておきたいという気持ちから行くことにしたのです。

コーネルは千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館まで、東京から在来線で約1時間半ほどかけて、9:30の開館時刻前に着きました。
郊外の美術館の素晴らしいところは何といっても広い敷地であること。だいたいですが、大きな池もあるということ。ここもご他聞に漏れずそうでした。高いビルが一切ないところにポツンと建物があるという清々しさ。そしてまわりに雑木林と池と芝生。三拍子揃った素敵な美術館です。閉館の17:00までタップリ堪能して来ました。

さて、以下は「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」展の感想です。

コーネル作品に会えて、久々にコーフンした! それは端からは分からない静かで熱い気持ちの高鳴り。じっくりとひとつひとつの作品と対峙する。細部にまで目を凝らしてみて見ると、切り抜いたものとの境界線がもはや分からないほどの完成度の高さに驚く。

コラージュはマックス・エルンストに影響されていたということだけど、エルンストよりももっと繊細でロマンチックな感覚が作品からうかがえる。私はやはりコーネルの方が好きだな。コーネルは女性に対して一種神格化しているようにも思える。幻想を抱いていると言ってもいいかもしれない。
小さい貝の中に人の顔が潜んでいたり、バレリーナのコスチュームに貝を細かく砕いて貼っていたり、火事場とユリの花を対比させたり…。どこかに優雅さを感じさせるものがある。いつまでも見ていたい気持ちにさせてくれる。

箱の作品は1992年に滋賀県立美術館で初めて見た時にインパクトを受けた作品はなかったんだけど、国内の美術館の収蔵品を一堂に集めてあり、見応えがあった。図録で何度も見ていたが、やはり実際の作品を目の当たりにすると迫力がある。思ったよりも大きく感じた。
どれも裏表をじっくり鑑賞することができて大満足! 箱の中に入りたい! イメージの中では私は箱の中に居た。

映像は何点かを4カ所に分けて上映。フィルムを切って貼り合わせた映像のコラージュという作品もあった。
どれも5〜15分ぐらいのものだけど、これという筋もなく無声でループでまわっているとつい眠気に襲われて何度も同じところを見ていた気がする。でもそれが心地よくもあった。

今回、コーネルの雑誌での仕事も見ることができたのが嬉しかった。デザインセンスに長けていることがよく分かる。フライヤーにも載っていた女優ローレン・バコールのポートレートのための習作を初めて目にした。鉛筆の手描きが軽やかで完成を見ていないのに、むしろ習作であることの方が見る価値ありと思わせる何かがある。

そしてひとつ発見したことがある。コーネルは好きな女優やバレリーナからもらった写真にどうしてもハサミを入れられなくて、その写真を自身で撮影して現像したものを使ってコラージュしていたようなのだ。その気持ちすっごく分かる! だって私もお気に入りのものは手放したくない派だもの。そのことに多少なりとも後ろめたさを覚えていたのでコーネルも同じようなことをしていたと知り、ちょっと嬉しかった。

コーネルは既にこの世にはいない。でも彼の作品がこうして大切にされているからこそ再び目にすることができることの喜びを、ひしひしと感じながら美術館を後にした。今度お目見えできるのはいつになるだろう。自分の創作の原点でもある作品たちにまた会えることを祈る。

私も私なりのコラージュを楽しみながら追求していきたい!と思えたことが何よりだった。
その気持ちを備忘録として残しておく。

2019年4月5日


コーネル-01.jpg

コーネル-02.jpg

コーネル-03.jpg

コーネル-04.jpg

コーネル-05.jpg




posted by lusikka at 20:26| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする