2019年01月14日

今日は成人の日

先週七草粥の日から早くも1週間が経ちました。

あれから胃腸の調子は元に戻り、今は普通に食事もできています。
新しい習慣として、毎朝起き掛けに白湯を飲んだり、夜、漢方薬を一錠飲んでから寝るようにしています。それでもやはり便秘気味なんですよね。今までは定期的には一応排便はあるので、あまり気にしていなかったことがよくなかったんだなぁと今更ながら気づく。

1月は数年前から毎年恒例になっているサングラスのカタログ制作の助っ人仕事があり、ここ数日は椅子に座りっぱなしの日が続いています。それもよくないので毎日30分は近所を散歩してなるべく身体を動かすようにしています。〆切が明日なのでとにかく頑張らないといけないんですが、ちょっとだけ休憩…。

今日は成人の日なんですよね。もうン十年前のことなので、今とは状況もかなり違うとは思いますが、晴れ着姿の女の子の姿をテレビで見たりするとそういうのはあまり変わってないんだなと。

晴れ着といえば、私は従姉妹のお姉ちゃんの振り袖を借りました。黄色い花柄だったのを覚えています。
薄っぺらい身体のためか、着付けしてもらう時にタオルを結構巻かれた記憶が…。帯をぎゅっと締められた時の苦しさも覚えています。こんなキツイのにちゃんと歩いて式に出れるんかな〜と思ったような…。でもやはり着たかったんですよね。

写真館で撮ってもらえば?と母は言ってたように思うのですが、その時の私はそんなたいそうなことをせずとも友人皆で一緒にスナップ写真撮ればいいやん、と軽く考えてました。でも今となったら若い時期の自分としてちゃんとした一枚を残しておいてもよかったかもと思ったりもします。

成人式が始まる前か終わった後かの記憶が定かではないんですが、着崩れしてしまったことも覚えています。あんなにたくさんタオルを詰めて着たのに何で?!と悔しいやら情けないやら…、自分ではどうすることもできず、結局へとへとになって帰宅したんでしょうね。もう細かいことは全然思い出せませんが…。

そんなハプニングがあったけど振り袖を着せてもらって何かしら晴れやかな、自分も大人の仲間入りしたのかな、という神聖な気持ちになったことは覚えています。

今思うと二十歳なんてまだまだ子どもみたいなものですが、ひとつの区切りとしての成人式というセレモニーはやはり経験しておいてよかったな〜と。

皆で撮ったスナップ写真、どこかに仕舞ってあると思うけど、見なくても目をつぶるとちゃんと、二十歳の自分がそこにいました。



【関連する記事】
posted by lusikka at 18:27| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

新年早々やらかしました。

お正月気分も抜け、今日から仕事初めの方もいらっしゃると思います。今日は七草粥の日でもありますね。

『その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。』

私は既に5日の朝からずっと“お粥さん”のお世話になっております。

というのは、親戚の集まりや田舎に戻る友人の送別会などが重なり、つい食べ過ぎてしまってたんでしょうね、夜中に何度も吐いてしまいました。

実家に帰ってるのでなるべく母に知られないようにとすべて吐ききって眠ろうと思っていたのが甘かった! 途中から自分でも驚くほどの嗚咽が出て(ヴォォーーてな感じの)、母に気付かれてしまいました。

もう出すものがないはずなのに胸のムカつきは収まらず、仕舞いには黄色い胃液のようなものが出てくる始末。

苦しそうな私を見かねて、母が救急車を呼ぼうと言い出しました。いや、もうちょっと待って…と我慢したものの、もうマックス苦しくてあえなく「呼んで…」と訴えてしまいました。

てな訳で救急車で近くの市民病院に運ばれ、吐き気止めの点滴を打ってもらい、レントゲンも撮られた結果、かなりの便が映っている状態を見せられた次第です。原因は“便秘”だったのです。

その後、実家に戻るも、再びの吐き気。点滴打ったのに、何故?! 病院に電話すると、水やポカリスエットなどではなく、経口補水液で処方した吐き気止めの薬を飲んでくださいとのこと。飲む時はふたのキャップに一杯程度の少量でと言われました。飲んで何とか吐き気は止まったものの、夜に発熱してしまい、今度は熱さましのための薬を飲んだりとほんとに大変でした。

元々腸が弱く、二年に一度ぐらいは強烈お腹の痛みに耐えられず救急車のお世話にも何度かなっていたんですが、今年は痛みではなく、これまたキョーレツな吐き気で始まってしまいました。

なんとも情けない話ですが、母が側に居てくれたお陰で心強かったです。親孝行どころか、新年早々にえらい親不孝してしまいましたー😢

今回、経口補水液なる水を初めて飲んだんですが、渦中の時はそんなに味を感じなかったのが、今飲むとかなり濃いクエン酸の味を感じます。徐々に良くなっている証拠でしょうか。

2019年の課題のひとつに体質改善を掲げようと思いました!

皆さまもくれぐれも胃腸を労ってあげてくださいね。
posted by lusikka at 15:55| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

今年最後のメールレター


*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚

LUSiKKA便り vol.18 / 2018.12.31

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚


2018年もあと少しで終わりですね。
あっという間に一年が駆け抜けていきました。
平成最後の年ということで、
メディアでは盛り上がっているみたいですが、
皆さんにとってはどのような一年だったでしょうか。

2019年も創作活動を地道に続けていこうと思います。
(現段階で6月に初めて神戸でグループ展に参加する予定がひとつあります)

引き続きメールレターもマイペースではありますが、
発信していこうと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

今回は新年のご挨拶を兼ねて、
気になる展示とお気に入りの絵本をご紹介いたします。



_|*+*+*+*|_  気になる展覧会  _|*+*+*+*|_


「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」
天花人魚鳥獣虫…挿絵の手品師による奇妙奇天烈世界!

http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1811/index.html

風刺画家グランヴィルは以前から気になっていました。
20世紀のシュルレアリスム絵画の先駆者とまで評されているということなので、かなり気になっています。

会場:兵庫県立美術館 県美プレミアム
期間:2018年11月17日(土)〜 2019年3月3日(日)
[休館日:12/31-1/10・1/15・2/12]
時間:10:00-18:00(金・土は〜20:00)
観覧料:500円


「間合いの良さ ―コレクション考察―」
http://www.enokojima-art.jp/maai/

作品と作品、作品と鑑賞者、などなど…あらゆるものに生じる“間合い”を基点に選ばれた作品が展示されるという。
自分はその間合いをどう捉え、感じるのか…。ちょっと試してみたい気持ちになります。

会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター1F room4
期間:2019年1月11日(金)〜 2019年1月27日(日)[休館日:月曜]
時間:11:00-19:00
観覧料:無料


_|*+*+*+*|_  お気に入りの絵本  _|*+*+*+*|_


「きこえるきこえる ふゆのおと」/作 マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵 チャールズ・G・ショー/小峰書店

谷町六丁目にある“キンダーブック林林”さんで見かけて手に入れました。
赤・黄・緑・青・黒のはっきりした4色のみで構成されていて、
ページをめくる度に趣向を凝らしたイラストがお洒落。
主人公の子犬のマフィンは他とタッチが違い、描き方の対比が楽しめます。
デザイン性の高い絵本だなと思います。この季節にオススメの一冊です。


Vol.18、読んでいただきありがとうございました。
寒い日が続きますがどうぞご自愛なさってください。
皆さま、2019年も健やかな一年でありますように。


2019年賀状-携帯用.jpg
posted by lusikka at 19:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする