2019年11月14日

― コラージュ作家 山本佳世の Mail Letter vol.22 ―


*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚

LUSiKKA便り vol.22 / 2019.11.14

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚


枯れ葉が舞うようになり、朝夕はめっきり冷え込むようになりましたが、
皆さまお変わりございませんか。

先月、気になる展覧会でもご紹介していた美術家 篠田桃紅さんの展覧会に行って来ました。そのなかに「心」という字が大きな屏風の端に書かれていている作品がありました。
縦に長く伸びた筆使いには丸みはなく、線の勢いと、ただそこにすっくと立って居るような潔さを感じました。
見ているうちにじわじわと涙が滲み出そうになり、説明のつかない感情が込み上げてきて、自分でも驚きました。
桃紅さんが書いた“心”と、私の間に“何か”がスパークしたのだと思います。
字の造形を見てあんなに心を揺さぶられたのは初めてのことでした。
実際の作品を目の当たりにすることで受け取るものは大きかったです。

数年ぶりに個展をすることになったこのタイミングで、桃紅さんの作品に出合えてほんとうに良かったと思います。今回はその個展のお知らせがメインになります。

いつものように巷の気になる展覧会も併せてご紹介いたします。
では、しばしおつきあいいただけると幸いです。


♣…♥…♦…♠… 個展のお知らせ ♣…♥…♦…♠…


★コラージュとコトバ 山本佳世 作品展
http://lusikka-design.com/

月光百貨店は月に約1週間ほどしか開けていない隠れ家のような小さなお店です。アンティーク小物、雑貨類、1点モノのオリジナルアート作品から書籍、リトルプレスまで…。お昼でも月夜のような空間の一角を借りて展示をします。

今回は、心に引っかかる短い詩文から広がるイメージをコラージュで表します。言葉の持つ力に寄り添うような作品になればいいな…と。

同時に2020年のカレンダーやミニブック、紙雑貨も販売いたします。

小さなスペースではありますが、夜の8時まで開けておりますので秋の夜長に展示を楽しんでいただけたら嬉しいです。展示の模様などは随時SNSでアップする予定なので要チェック!お願いします。

会場:月光百貨店/芦屋市茶屋之町12-2 070-5433-6961
   http://moon-shines.net/
会期:2019年11月23日(土)−11月30日(土)[会期中無休]
時間:14:00-20:00

ちなみにDMのコラージュは山村暮鳥という詩人の一篇の詩からイメージして作りました。

「月」
ほっかりと
月がでた
丘の上をのっそりのっそり
だれだろう、あるいているぞ

collage-last.jpg

DM-宛名面.jpg


♣…♥…♦… 2020年のカレンダー もうお決まりですか? ♣…♥…♦…


個展でも販売いたしますが、ネットでも販売しています。
2020年のカレンダーは博物系のコラージュです。来年は子年ですね。
1月・2月のコラージュの中に“ハリネズミ”が潜んでいますよ。

2020年版コラージュカレンダー/900円(税込) 
サイズ:横118mm×縦270mm 6枚(2ヶ月毎)

詳しくは→ http://lusikka-design.com/shop.htm まで。

お届けは12月上旬以降になりますので予めご了承ください。

2020calendar-01.jpg



♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…



_|*+*+*+*|_  気になる展覧会  _|*+*+*+*|_


「高橋 秀 + 藤田 桜 素敵なふたり」
https://artmuseum-itami.jp/jp/category/exhibition/current_exhibition/

以前、NHKのドキュメンタリー番組でこのお二人の存在を初めて知りました。お二人とも90歳前後となってもエネルギッシュに創作活動をされているというその画業を見てみたいと思いました。特に藤田櫻さんの布コラージュを駆使した絵本の原画が興味深いです。
伊丹市立美術館は先月のルート・ブリュック展といい、ほんとうに良い展覧会をしてくれます。広すぎず狭すぎず、適度なスペースでちょうどいいんですよね〜。

会場:伊丹市立美術館/兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20 072-772-7447
会期:2019年11月2日(土)−12月22日(日)[月曜休み]
時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般800円



「清宮質文展−限りなく深い澄んだ空気」
https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/

この人の版画の図録を東京の古本屋で見つけたのは十数年前になります。
上品な色合い、静謐で、どこか郷愁を誘う風景…。ページをめくる度に心を捉える版画に魅せられました。
没後28年になるようですが、関西の美術館で生の作品が見られるのは希有なことかもしれません。しかも大山崎山荘美術館のあの素敵な空間に展示されるなんて! 楽しみです。

会場:大山崎山荘美術館/
   京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 075-957-3123(総合案内)
会期:2019年12月14日(土)−2020年3月8日(日)[月曜・年末年始休み]
時間:10:00-17:00(入館は16:30まで)
観覧料:一般900円


Vol.22、読んでいただきありがとうございました。
個展をしようと決めてからあっという間にその日が近づいて来ました。
ただいま鋭意制作まっただ中です!

秋も深まり、冬支度もそろそろ…という季節の変わり目ですので、どうぞご自愛くださいませ。ではまた〜。

………………………………………………………………………

山本 佳世 yamamoto kayo

コラージュ・グラフィックデザイン・
コラージュ教室のお仕事は随時承ります。
ご連絡は下記までお願いいたします。

MAIL: kayo_colle@r6.dion.ne.jp
URL : lusikka-design.com
BLOG : lusikkablog.seesaa.net
INSTA : instagram.com/lusikka_design_collage
Twitter : twitter.com/LusikkaD

………………………………………………………………………





posted by lusikka at 16:32| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

― コラージュ作家 山本佳世の Mail Letter vol.21 ―

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚

LUSiKKA便り vol.21 / 2019.10.5

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚


吹く風に秋の兆しがうかがえる季節になりましたが
皆さまお変わりございませんか。

秋といえば味覚の季節でもあるので
食欲に任せてつい食べ過ぎることもあるかと思います。
実は私は胃腸があまり強い方ではないので食物繊維をなるべく摂るようにしているのですが、
最近自分の身体にとてもあうものに出合いました。
それは、“おからパウダー”です。
ヨールグトや納豆に混ぜたりお料理に使ったりと
お値段も手軽でとっても重宝しています。

さて、今回はふたつのグループ展と
コラージュワークショップのお知らせがあります。
いつものように巷の気になる展覧会もちょこっとだけご紹介いたします。
では、しばしおつきあいいただけると幸いです。


♣…♥…♦…♠… グループ展のお知らせ ♣…♥…♦…♠…


★「夜の博物館展」
http://guignol.jp/event/2019-10hakubutsu/


博物系雑貨イベント「夜の博物館展」に参加しています。
アンティーク什器を使用したダークな世界観のスペースで、
数十人の作家が博物モチーフの作品を販売。
ギニョールさんでは今回で2度目の参加になります。
私は、カレンダー https://www.instagram.com/p/B3JHjuyFZ8B/
ミニ蛇腹ファイル、“落ちない栞”、“鑑賞記憶帖”、
ポストカード、ボックスアートなどを出品しています。

中崎町は民家とさまざまなショップが点在していて、
細い路地なんかもあったりして、下町の風情が残っているところです。
ちょっとユニークな街なので、機会があればぜひ訪れて欲しいです。

会場:ギニョール/大阪市北区中崎2-3-28 1階 06-6359-1388
会期:2019年10月3日(木)〜 10月20日(日)[月・火休み]
時間:12:00-19:00


★「少年は月光の庭で−」
twitter.com/mujyuryoku2014 

昨年の月の3人展や雑誌「CRESCENT★MOONLIGHT」でも関わりのある
月光さんの3周年記念企画展に参加します。
タイトルにまつわる作品を少し展示する予定です。

実は、11月下旬に数年ぶりの個展を月光百貨店にて開催することになりました。
詳細は次回のメールレターにて!

会場:月光百貨店/芦屋市茶屋之町12-2
会期:2019年10月24日(木)〜 10月31日(木)
時間:15:00-21:00(お仕事帰りの方、余裕で行けますよ!)

グループ展案内.jpg


♣…♥…♦…♠… コラージュワークショップのお知らせ ♣…♥…♦…♠…


「切って、貼って、楽しくワークショップ!
コラージュでクリスマスカードや年賀状を作りませんか」
http://osakahenshu.co.jp/toku_class/3679.html


コラージュが初めての人も趣味で作っているという人も誰でも参加していただけます。
時季的にもクリスマスカードや年賀状を考えるタイミングでもあるので、
一度コラージュにチャレンジしてみませんか。

会場:大阪編集教室/大阪市北区天満4-1-2 コミケ出版ビル3階 06-6351-7711
会期:2019年11月2日(土)
時間:14:00-16:00
受講料:2,800円

実はわたし大阪編集教室のOGなんです。
随分前に書くことに興味があり、仕事をしながら通っていました。
今回ひょんなことからお声掛けいただきました〜。



♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…♣…♥…♦…♠…



_|*+*+*+*|_  気になる展覧会  _|*+*+*+*|_


「106歳を生きる 篠田桃紅
とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」
http://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/exhibition/

この春、106歳を迎えられた美術家篠田桃紅さん。
何度かNHKのドキュメンタリーでその存在は知っていました。「よく孤独が寂しいなんて言うけれど、そんなことは当たり前のことなんですよ。
声高に言うようなことでも何でもない」というような言葉が記憶にあります。凛とした横顔で語っておられた姿と、声の力強い響きがとても印象に残っています。一度作品を目の当たりにしてみたいと思っていたのでいい機会なんですよね。でも会期があまりありません。14日までなので行ける方はぜひ!

会場:香雪美術館/神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1 078-841-0652
会期:〜2019年10月14日(月・祝)[休館日/月 10月14日は開館]
時間:10:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:一般800円



「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」

このアートイベントのことは以前から知っていたんですが、
実はまだ一回も行ったことがありませんでした。
今年、私の好きな作家さんがその公募でグランプリを獲られたようです。
展示する土地の植物を採集し、乾燥させインスタレーション等の作品を作る岩谷雪子さんという方です。
六甲ケーブル山上駅の趣ある駅舎で作品が展示されているとのこと。
これも見てみたいなぁ。
https://www.rokkosan.com/art2019/artist/%e5%b2%a9%e8%b0%b7%e9%9b%aa%e5%ad%90/

会場:六甲のさまざまところ
会期:〜2019年11月24日(日)[会期中無休]
時間:10:00-17:00(会場により17:00以降も鑑賞できる作品あり)
観覧料:1,900円〜2,200円(チケットの種類によって変わる)


Vol.21、読んでいただきありがとうございました。
秋は散策するにも美術鑑賞するにも最適なシーズンですよね。
いろいろ見に行きたいのはやまやまですが、
作品展の創作にも時間を掛けたいので悩ましいところです。
皆さんもこの秋、ぜひアートに浸っていただきたいです。
ではまた〜。





posted by lusikka at 19:28| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

多分、梅

つい最近のこと。いつもの散歩コースを外れて歩いていたら、たくさんの実が落ちているのに気づきました。
落ちている実は既に熟していて、ほとんど腐りかけています。辺りはほんのりと甘酸っぱいようなよい香りがするのです。これはひょっとして梅の実?以前、山の上の方にあるお墓参りの帰りに拾ったのとほぼ同じ感じ。

熟しているものは黄色から薄いオレンジ色になっていて、かろうじて腐っていない実を選って持ち帰りました。重さを量ると580gくらい。
皮はざっくりと剝き、種ごと煮込み、10%の砂糖を加えてジャムにしました。ヨーグルトに入れて食べてみると、これが結構イケます。皮ごと煮たのでそれがよいアクセントに。

梅ジャム.jpg

昨日、再びその木まで行くと、今度は青い実が数個落ちていました。ついでに背伸びをして枝を揺らして低い位置の実も落とし、それらをまた持ち帰りました。
ほとんどが青いので少し時間を置くことに。中に少し柔らかいものがあったので、サーバーに紅茶のティーバッグとともに実をほぐして入れ、熱湯を注ぎ、“プラムティー”にして飲んでみました。砂糖をひとさじ入れるとほんのりとやさしい桃のような甘みが感じられました。これはイケル! 
夏の終わりの夜更けに、温かい果実の紅茶もよいものです。

梅の木.jpg

梅の実.jpg

しかし長年住んでいるのに、あの場所に一本の梅の木があって、それがたくさんの実をつけることに今年初めて気づいたのです。こんな美味しい自然の恵が身近にあったなんて! 今更ながら感動です。これからこの時季の楽しみになりそう。
ちなみに人の家に生えている木ではありませんので(公共の道路の植え込みに植わっていてほぼ落ちている実を持ち帰っているので問題ないと思ってます)。

今回いろいろ調べてみました。葉っぱの形が若干違うような気もするけど、もしかしたら杏系梅の代表品種といわれている“豊後”という種類ではないかしら…と思うのですが果たして!?






posted by lusikka at 17:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする