2018年09月10日

発信し続けるということ。

ほんの前まであんなに暑かったのに、ここ数日朝晩めっきり過ごしやすくなりました。激しいセミの鳴き声から涼やかな虫の音に代わり、季節はもう秋ですよね。日本って四季の国だなあとしみじみ…。こういうことをのほほんと言ってられるのも有り難いことです。

台風と地震でふだんの生活からかけ離れてしまっている方もまだまだたくさんいらっしゃると思います。一日も早くふつうの生活を取り戻されますようお祈りします。



ブログでこれまで細々と綴っていましたが、9月からもう少しまめに書いていこうと思います。SNSでもFacebookとインスタグラムにたまにアップする程度でしたが、こちらもできるだけ自分のことをまめに発信していこうと決めました。

正直なところここ数年、仕事が芳しくなく分野違いのアルバイトを始めたりして何とかしのいでいるというのが現状です。ここへ来て自分の発進力を改めて見直すと、いかに足りていなったかということが身にしみて分かりました。世の中の動向は圧倒的にSNSでの発信力が増してきているのは火を見るよりも明らかなこと。

それなのに私は旧態依然とした考えでいました。つまり手の内を詳らかにすることへの恐れ、とでも言いましょうか。作風やアイデアを盗まれるのが怖いとか、そういうんでもないんですが、何と言うか、神秘性がなくなってしまうんじゃないの?というのが当てはまるかもしれません。

でもここ数年、コラージュという手法であらゆる若い作家が台頭してきて、その人たちが惜しげもなく作品をたくさん公開していることに少なからずショックを受けました。そしてそういう人たちがどんどん表に出て来てたくさん良い仕事をこなしていっているという現実。

以前はコラージュという表現方法をイラスト的に使ってもらうのはちょっと難しいとさえ思っていました。それがその壁が徐々に壊されていって、あらゆるメディアで頻繁に見かけるようになりました。そのひとつの要因として、やはりSNSの存在があるんですよね。

で、あるならば、それを自分も利用しない手はないのだということに遅まきながら行き着きました。

今更自信がないとか、さらけ出すのはちょっと…などとと言ってる場合じゃない!ということにようやく芯から気がつきました(遅い!)。

長いことやり続けているわりに作品点数が少ないのは寡作になってきているということもネックなんですが、こうなったら過去の作品も徐々に発信していき、これから新作も作っては発信していくべきなんですよね。

何事も気がついたその時からでも決して遅くはない! 自分にそう言い聞かせて、まずはインスタからという思いでPCからもアップできる方法を最近探り当てました。

(数種類のブラウザからの方法が書かれています。)
https://www.lifeseeds.biz/instagram-pc-browser-uploads/

これでPCに保存してある過去作を容易にアップすることができます。新作も頑張って発信していき、徐々にフォロワーを増やしていきたいと思っています。

ぼちぼちアップしていってますので、このブログを読んで興味持たれた方はぜひチェックしてみてください。よろしくお願いします!

https://www.instagram.com/lusikka_design/



【関連する記事】
posted by lusikka at 20:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

台風21号に思うこと

台風一過。昨日は打って変わって晴天でした。

前日の台風21号は、これまでに経験したことのない暴風に窓ガラスがガタガタと激しく揺れ、割れてしまうのではないかと心配してしまったほどです。風の音がハンパなくて、安全なはずの室内に居ても怖さを感じ、不安な気持ちでいっぱいになりました。とにかく早く通り過ぎてくれ!と祈るばかりで…。

昨日は近所の街路樹が根っこから倒れていたり、道路にいろんなものが散在しているのをたくさん見かけました。各地で台風の凄まじい爪痕が生々しくテレビの映像からも伝わってきまます。

Facebookにもいろいろと被害の状況がアップされているのを見ますが、幸いにもうちは停電も一瞬だけだったし、ライフラインに影響がなかったのでありがたいことだと思います。

大阪は例年通りさっーっと通り過ぎるだけでしょ、と正直侮ってました。まさかあそこまでの風が吹きすさぶとは…。自然をなめてはいけないですよね。

今年は地震や豪雨、台風と立て続けに自然災害に見舞われていますが、これはもしかして地球の悲鳴なのかもしれないなと思ったりもします。
わしらを痛めつけるのもたいがいにせぇーよ!と天からそんな声が聞こえてきそうです。

人間が災害で痛めつけられているんじゃなく、人間が地球をこの100年ぐらいで急速に痛めつけてしまった結果の因果応報なのかも…。そんな風に捉えるとしたら、じゃあ私たち人間はこれからどうしていくべきなのか?ということが自ずと問われます。


台風直撃の窓
台風01.jpg

台風が過ぎ去った直後の様子(枝が折れて落ちている)
台風02.jpg

ベランダのサボテンが折れてました
台風03.jpg







posted by lusikka at 01:40| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

久しぶりにちびまる子ちゃんをみる

昨日の日曜日午後6時、久しぶりにアニメちびまる子ちゃんをみました。

先日作者・さくらももこさんの訃報を聞いて少なからずのショックがありました。さくらさんは私と同年代でもあるので、早過ぎる死がとても残念でなりません。アニメに出てくる生活模様は住んでいる場所の違いはあれど、自分の小学生時代とほぼ同じようなイメージなのでとても共感できます。

亡くなったというニュースから頻繁にテレビで見かけるさくらももこさんの映像や情報を目にして、改めて聡明な人だったんだなあと感心しました。プライベートを何より大切にされていたことが窺い知れます。驚いたのが一度目の結婚で息子さんをもうけその後離婚、そして再婚されていたとは!? 知らんかった! 漫画やエッセイが爆発的に売れ、所謂カリスマ的な存在でありつつ、ご本人も結構波瀾万丈な人生だったのね。

ちびまる子ちゃんの絵自体はとても単純で稚拙な感じも受けて、一見誰にでも描けそうなんだけど、やはりオリジナリティがある。物語も小学生のごく平凡な生活のひとコマをえがいていて全然特別感がなく、これも誰しもが書けそうなんだけど、やっぱり唯一無二の表現になって世の中の人々に支持されたんだよね。この普遍的なテーマを扱いながらも圧倒的に大衆に受けたという事実。アニメでは「サザエさん」を僅差で抜いて1位を獲得しているらしい。

同世代のさくらももこさんの遺していったものは計りしないほど大きなものだったと思います。心からご冥福をお祈りします。

自分と比べるまでもないのですが、いったい私は何を遺せるんだろう…という思いも浮かんだのでした。

余談ですが、まるちゃんのお姉さんの声、前から小学生高学年にしてはおとなっぽ過ぎるのでは?と思い、ネットでググったら水谷優子さんという声優で、何とこの方もさくらさんと同じく乳がんで2016年に亡くなっていたということを今更ながら知りました。昨日は特別に番組内容を変更し放送されたらしいです。“原作25周年記念として2011年10月に放送されたもので、アニメ第1話「まる子、きょうだいげんかをする」(1990年1月7日放送)をリメイクするなどした内容。”とありました。驚きでした。





posted by lusikka at 15:26| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする