2018年01月31日

12分の1ヶ月終わりました。

2018年1月もあと少しで終わりますね。
今年に入ってこれが初めてのブログになります。ずっと仕事で忙しかったんですよね〜。なーんて言ってみたいです。ハイ、すみません、まったくのウソでした。お正月気分が終わってから少しだけ助っ人仕事がありましたが、その後これという仕事もなく、気が付いたら1月31日になってました。

じゃあ何をやっていたのかというと、全然何もしてなかった訳じゃないですよ。毎年恒例の出版関係の新年会に名刺交換をしに参加しましたし、マーケティングの勉強会やお気に入りの作家さんの展示を見に行ったり、東京の知り合いと会って話をしたり…。直接仕事にはまだ繋がっていませんが、一応行動に移しておりました。

ここのところ厳しい寒さが続いてますが、そんななか、軽いジョギングも始めました。きっかけはNHKのスペシャル番組「人体の不思議」シリーズの中で“骨”がテーマの回があり、骨から脳へ若返り信号?が出されているというのを知ったからなんです。これは自転車では効能がなく、歩いたり走ったりすることで、骨に直接振動を与えることで健康に良い物質が送られるとか。要は有酸素運動をすればいいんだということね。

これまでウォーキングは30分ほど週3〜4回はしてたんですが、テレビを見たことで走ってみようと思い立ちました。30分ずっと走りっぱなしという訳ではないですが、家の近所を軽く流してます。始めてまだ3週間ですが、何とか続けてみようと思っています。

今日は満月でしたね。東の夜空に美しいお月さまがぽっかりと浮かんでいました。パワーをもらおうとしばしその場に立って眺めていました。2月を迎え、何かひとつでも良いことがありますように…。

満月.jpg
【関連する記事】
posted by lusikka at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

久しぶりのカフェで。

昨夜、mole & hosoi coffeeで、昨年ギャラリー空間で二人展を一緒にした友人と会う。

朝にメールが入り、限定期間でシュトーレンと飲み物のセットが楽しめるからと言う。彼女はクリスマスだからと言って特に何もしないけど毎年シュトーレンは食べたくなるのだそう。私はスイーツに関してもクリスマスに関しても特別思い入れもないので、その言葉を聞いてオシャレな風習だなーと思いました。

今週はほぼ家にひきこもっていたので、昨日は晴れていたし久しぶりに自転車で遠出しました。自転車をひたすら漕いでいると汗ばむぐらいでした(距離が距離ですからね)。
ギャラリーを何軒かはしごして、午後5時半に待ち合わせをしてカフェに着いたら、既に友人はカウンター席に座っていました。ここはカウンター席しかないので、ただ座るだけで何か常連さんにでもなったような気持ちになります。

そこで友人の開口一番、「フライングしてしまった〜」。シュトーレンは今週末からなんだって!?
「あらら、そうなの?」私は別にいいんだけど、楽しみにしてたのに残念ねー。情報はちゃんとチェックしておかないとね。

シュトーレンの代わりに黒糖とレーズンのケーキをいただきました。オリジナルブレンドのコーヒーとともに。もちろん美味しかったです。

友人とは久しぶりにたくさん話して、創作のいろんなアイデアも交換しあって良い時間でした。人と話すと潜在意識のどこかにしまってあった考えがひょいっと出てくるものですね。来年に向けていろいろ構想を練って、楽しいことを考えると、現状も好転するかなーって。最近仕事もさっぱりでひたすらメールレターの配信に時間を使ってたので、気持ちが前向きになれた気がします。

いつものように話に花が咲き、結局長居しちゃいました。居心地良い空間でのコーヒータイム、たまにはいいものだなぁ。

帰りの自転車は夜も深まっていたのでさすがに寒かったです。


KIMG2834_20171208153820.jpg

KIMG2835_20171208153831.jpg


posted by lusikka at 20:24| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

“LUSiKKA便り vol.14”お届けします。


*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚

LUSiKKA便り vol.14 / 2017.12.6

*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚・*。・*。*。・゚・*。・゚


こんにちは。
家のすぐそばの銀杏並木が色づいたと思っていたら、
あっという間に地面に黄色い絨毯が敷き詰められ、
暦はすでに師走に突入しました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
コラージュ作家&グラフィックデザイナーの山本佳世です。

今週から本格的に寒くなるようですね。
私はまだ完全に衣替えできていないので、
ちょっと焦っております(笑)。

そんななか、お知らせすることがあり、
メールレターをお送りします。
しばしおつきあいください。



_|*+*+*+*|_ HPアドレスが変わりました! _|*+*+*+*|_

URL : http://lusikka-design.com/ 



_|*+*+*+*|_  来年のカレンダー、もう準備されましたか _|*+*+*+*|_

今年もカレンダーを作りました。
2018年のカレンダーはいつもと違い地色が若草色になります。
自身のサイトで販売しています。

◆2018年版コラージュカレンダー/860円 
サイズ:横118mm×縦270mm 6枚(ヒモ付き・壁掛けタイプ)

詳しくは下記をご覧ください。
http://lusikka-design.com/shop.htm

ご注文の場合はkayo_colle@r6.dion.ne.jpまでご連絡ください。

画像はカレンダーの一部です。
calendar2018_02.jpg




_|*+*+*+*|_ 丸ごと一冊デザインしました _|*+*+*+*|_

芦屋にある“月光百貨店”の店主 星野時環さん発行の雑誌「CRESCENT★MOONLIGHT」のデザイン全般を担当しました。
月光百貨店は、月や星に関連する雑貨や書籍、アンティーク作品やアート作品が店内所狭しとディスプレイされているセレクトショップです。
以前、私のコラージュ作品に関心を持ってお声掛けいただいたのをきっかけに、今回の雑誌創刊に携わることになりました。デザインの他に、チェコに行った時の紙モノでコラージュした作品やチケットに関わるコラムなども載せていただいています。独特な世界観を持つ造形作家・文筆家でもある星野さんワールドが愉しめる1冊に仕上がっていると思います。

◆「CRESCENT★MOONLIGHT」
A5サイズ オールカラー 全32P/800円

CONTENTS
★トアロードで見つけた星を売る店
★天文図版の世界
★都市河川さんぽ
★Dobry den!Prague(こんにちは!プラハ)/山本佳世
★カフェー探訪
★銀河川柳/星野時環
★空想装置 aparato por la fantazio/久保田昭宏
★短篇小説 月を売る男/春日香雪
★12の物語,12の断片(objet) /星野時環
★今夜、moonlight theaterで
★わたしのチケットコレクション/山本佳世
★月光綺譚 Lunatic Stories/星野時環
★球体幻想〜或いは宙の法則に就いて/星野時環

発行者:星野時環
デザイン:山本佳世
表紙イラスト:日下明「星屑ドリップ」

私の方でも販売していますので、もしご興味持っていただいた方は下記をご覧ください。
http://lusikka-design.com/shop.htm

ご注文の場合はkayo_colle@r6.dion.ne.jpまでご連絡ください。
表紙の画像です。
表紙.jpg



_|*+*+*+*|_ 気になる展覧会 _|*+*+*+*|_

◆鉄道芸術祭vol.7
「STATION TO STATION」
http://artarea-b1.jp/archive/2018/01211197.php

会場:アートエリアB1(京阪電車なにわ橋駅 地下1階)
期間:2017年11月10日(金)〜2018年1月21日(日)
休み:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月3日
時間:12:00〜19:00 (12/14・木〜12/24・日は21:00まで開館)
料金:入場無料(一部有料イベント)

文字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し、国内外で発表し続けている立花文穂さんがメインになってのアートイベント。
『【鉄道と身体・知覚・行動】をテーマに、それらに重要な役割を果たしていると考えられるグラフィックデザインや印刷メディアに着目します。』とあります。参加メンバーも蒼々たるお名前が連なっていて期待大です。
立花さんはずっと前に京都でワークショップを受けたことがあり、憧れのアーティストでもあります。その立花さんをメインに据えたイベントが大阪で開催されるなんてラッキー! 私にとっては必見の展覧会です。



_|*+*+*+*|_ 気になる映画3本 _|*+*+*+*|_

◆「猫が教えてくれたこと」(2016年/アメリカ)
https://movie.walkerplus.com/mv63676/trailer/

猫が好きな人には多分たまらない映画だと思います。
私は猫は飼っていませんが、実は近所のノラ猫に癒される時が結構あるのです。この映画の主役でもあるトルコ イスタンブールに住むノラ猫たちの、のびのびと生きている様子が予告編を観ているだけでも伝わって来ます。
街の人たちがごく自然にノラ猫に関わっているのが窺えてとても微笑ましいです。イスタンブールの街はノラ猫にとって懐の大きい環境が整っているのかもしれないですね。そこに暮らす猫と人とのふれあいを包み込むような優しさで描いたのは、トルコ生まれアメリカ育ちのジェイダ・トルン監督で本作が長編デビュー作らしいです。猫目線の、低いカメラワークもニクイです。


◆「エンドレスポエトリー」(2016年/フランス=チリ=日本)
http://www.uplink.co.jp/endless/

前作「リアリティのダンス」から3年。あの衝撃的ともいえる映像は今でも私の脳裏に焼き付いています。
奔放なイマジネーションと奇想天外な物語を楽しめる映画でした。人によっては難解な内容かもしれませんが、強烈なメッセージと映像美は観る者を圧倒します。今回の舞台はチリのトコピージャから首都サンティアゴへと移るようです。前回ではホドロフスキー監督の少年時代のお話でしたが、今回は青年に成長した自身の虚実入り交じった、瑞々しい青春映画に仕上がっているようです。とはいってもこの監督のことですから一筋縄ではいかない内容だろうと察します。
特筆すべきは撮影監督があの「恋する惑星」(94年/ウォン・カーウァイ監督)の手持ちカメラを使った独特の映像美で知られる、クリストファー・ドイルだというから尚更必見です。

上記の映画2本は関東・関西など全国でただいま上映中です。


◆「嘘八百」(2018年1月5日全国公開/日本)
http://gaga.ne.jp/uso800/index.html

大阪 堺を舞台にした、騙し騙されの骨董にまつわる物語のようです。
予告編を観るだけでもダブル主演の中井貴一と佐々木蔵之介の丁々発止が楽しめる映画だと分かります。
他にもベテラン芸達者な役者やお笑い芸人の面々が脇を固めていて面白そう。新年早々気軽に観られる映画として要チェックです。

今回は珍しく気になる映画を3本もご紹介しました。
最近はさまざまな動画サイトなどでわりと簡単に観られる時代になりましたが、たまには大きなスクリーンで映画にどっぷり浸るのも良いのではないでしょうか。


Vol.14、読んでいただきありがとうございました。
これから年末にかけて忙しい日が続くと思いますが、皆さまどうぞご自愛ください。ではまた次回まで。




posted by lusikka at 15:53| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする