2018年04月19日

久しぶりの児童書

先日、興味があって絵本に関してのトークショーに参加しました。

絵本の原画の展示とその作者と書籍を出版した福音館書店の編集者とのトークショーでした。子どもにどのように絵本を選んだらよいのかという主題でしたが、かなりざっくりとしたお話でした。結果的には親の立場で押し付けるようなことはしないで、出来るだけ子どもの主体性を導いてあげられるような選び方が望ましい、というような内容でした。

その際に編集者の方が持参していた書籍をいただけるということで、私は表紙の絵と装丁に惹かれて「岸辺のヤービ」という本を選びました。もらった後に奥付を見たら、装丁はあの名久井直子さんでした。やっぱり、さすが〜。フォントにオリジナリティがあって素敵!

KIMG3326_20180419181400.jpg

久しぶりに児童書を読みましたが、やさしい語り口で物語がゆるやかに進んでゆくのを楽しみました。架空の動物が主人公で、読み始めはちょっとムーミンに似てるんじゃないの?と、思いましたが、だんだんと読み進めていくうちにこの作家さんの世界観が立ってきてすっかり物語に入り込んでいきました。家族や友達のことや、大きく捉えると自然環境のことなどを、さりげなく子どもに示唆するような内容になっています。

黒い線画の挿し絵が懐かしくて、子どもの頃に読んでいた物語の本を思い出しました。自分では選ぶことがなかったであろう物語と出合えたのもきっと何かのご縁なんでしょうね。

KIMG3328_20180419183158.jpg

KIMG3329_20180419183206.jpg

最近は絵本のことをもっと知りたいと思うようになってきました。いつか自分でも作ることが出来たらなぁなんて考えたりもするんですが、自分のコラージュ作品で果たしてどのようにしたらいいのか!?ということを模索しております。

絵本の世界を見ていると、子どものためのものということが当たり前だけど大前提で、絵柄も分かりやすいものが主流ですよね。そんな中、コラージュでそういう世界観を作れるのか…。私がよく使っているコラージュの素材はそもそも既にある印刷物などを使っているので、オリジナルな絵と言えるのか…。

たとえば有名なエリック・カールさんのようなテクスチャー(画用紙などに絵の具で塗ったもの)を使った切り絵の類いのコラージュは絵本に向いていると思うんですが、シュールなコラージュを物語にはめこんでひとつの世界観を構築していくことの難しさを感じています。

「岸辺のヤービ」のような物語は具体的なキャラクター設定や決まったイメージの背景が既にあるので、そういうのは私には描くことはできません。でもヘンテコな物語のシュールな挿し絵ならコラージュで表せそうな気もします。気はするのですが、今のところどうやって表現したらよいのかが掴めていません。しかしながら、いつの日か子どもや大人も楽しめるようなコラージュ絵本を作ってみたいと思っています。

先日参加したトークショーで名刺交換をした福音館書店の編集者の方に宛てて、自分のポートフォリオを送ってみようとただいま制作中です。自作のコラージュのチョイスに時間が掛かっています。どんな作品なら可能性を感じてもらえるのか、ここが勝負どころなんですよね〜。





【関連する記事】
posted by lusikka at 19:38| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

6分の1が過ぎました。

“6分の1が過ぎました。”って、先月とまったく同じようなことを言ってますね〜(笑)。

気がついたら2月も終わります。
今日、いきなり鼻水が出始めました。いよいよ花粉のシーズン到来です。目の痒みは中旬頃から始まってますが、鼻水はきっちり3月に入る頃に!! 毎年判で押したようにやって来る花粉症。付き合い始めて数十年です。でもここ数年は年々症状が弱くなってきたように思います。昔だと薬を飲まない(今は全然飲んでません)とマスクの下で鼻の穴にティッシュを詰めて出掛けてました。今思うと花粉の飛散も相当すごかったんだろうなと思います。
マスクをして出ればいいんだけど、これがまた苦手で…。あのぬくーい空気がマスクの中で充満していくのが不快でたまりません。ぼーっと顔が熱くなってしまうんですよね。

さて、そんななか、今日“チャリティショップ・めぐりもの”というリサイクルショップへ行きました。
『ご自宅で使わなくなった衣料品やくつ、バッグなどの服飾雑貨、消耗品などを無償でご提供いただき、ショップやネットで販売しています。売上金から必要経費を除く全額を子供の権利を守るNPO団体へ寄付しています。』
というショップなんですが、一度試しに昔着ていたスーツとロングスカートを持って行きました。古いデザインだとダメかな?と思いきや、わりとすんなり受け取ってもらえました。

チラシ.jpg

先日近所にある“セカンドストーリー”というリサイクルショップに同じ内容の衣服を持って行って、見積もってもらったら15円という結果でした。現状はきっとどこもこんなものなんでしょうね。それならば、自分の服を何か少しでも役立つところに引き取ってもらった方が…という思いで“めぐりもの”へ。

昨年末に大幅な断捨離をしたにはしたけど、不用になった洋服がまだ山ほど残っていて、何とかしなくてはと思いつつあっという間に2ヶ月が過ぎてしまってました。冬物はもう終わってしまったので、ひとまず春に着れそうな服を選んで、まためぐりものに引き取ってもらいにいき、徐々に数を減らしていこうと思います。

2018年の6分の1は過ぎましたが、明日からの6分の5を今よりもっと有意義に過ごせたらと思います。いや、思いますじゃなくてしていかないと! 今年に入って仕事は絶不調なんですが、3月からは何とか立て直していきたいです、いやいきます! こうなったら有限実行です。先月とほぼ同じこと言ってますが、今度こそ3月は少しでも良いことがありますように。



posted by lusikka at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

12分の1ヶ月終わりました。

2018年1月もあと少しで終わりますね。
今年に入ってこれが初めてのブログになります。ずっと仕事で忙しかったんですよね〜。なーんて言ってみたいです。ハイ、すみません、まったくのウソでした。お正月気分が終わってから少しだけ助っ人仕事がありましたが、その後これという仕事もなく、気が付いたら1月31日になってました。

じゃあ何をやっていたのかというと、全然何もしてなかった訳じゃないですよ。毎年恒例の出版関係の新年会に名刺交換をしに参加しましたし、マーケティングの勉強会やお気に入りの作家さんの展示を見に行ったり、東京の知り合いと会って話をしたり…。直接仕事にはまだ繋がっていませんが、一応行動に移しておりました。

ここのところ厳しい寒さが続いてますが、そんななか、軽いジョギングも始めました。きっかけはNHKのスペシャル番組「人体の不思議」シリーズの中で“骨”がテーマの回があり、骨から脳へ若返り信号?が出されているというのを知ったからなんです。これは自転車では効能がなく、歩いたり走ったりすることで、骨に直接振動を与えることで健康に良い物質が送られるとか。要は有酸素運動をすればいいんだということね。

これまでウォーキングは30分ほど週3〜4回はしてたんですが、テレビを見たことで走ってみようと思い立ちました。30分ずっと走りっぱなしという訳ではないですが、家の近所を軽く流してます。始めてまだ3週間ですが、何とか続けてみようと思っています。

今日は満月でしたね。東の夜空に美しいお月さまがぽっかりと浮かんでいました。パワーをもらおうとしばしその場に立って眺めていました。2月を迎え、何かひとつでも良いことがありますように…。

満月.jpg
posted by lusikka at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする